INTERVIEWインタビュー

Director

土田 敬太

日系総合コンサルティングファーム、ブティック系コンサルティングファームを経てRegrit Partnersに創業メンバーとして参画。 10年以上に渡りオペレーション改革を専門領域としたコンサルティングに従事し、主に大手企業に対するBPR、BPO、シェアードサービスセンター設立等の全社横断での構造改革プロジェクトを多数リーディング。近年ではAIやRPA、Process Miningといった先端テクノロジーを活用した新しいオペレーションモデルのコンセプトを積極的に発信し、グランドデザインから実行定着化までを幅広く推進。

ディレクター

土田 敬太

入社日

日系総合コンサルティングファーム、ブティック系コンサルティングファームを経てRegrit Partnersに創業メンバーとして参画。 10年以上に渡りオペレーション改革を専門領域としたコンサルティングに従事し、主に大手企業に対するBPR、BPO、シェアードサービスセンター設立等の全社横断での構造改革プロジェクトを多数リーディング。近年ではAIやRPA、Process Miningといった先端テクノロジーを活用した新しいオペレーションモデルのコンセプトを積極的に発信し、グランドデザインから実行定着化までを幅広く推進。

Regritに入ろうと思ったきっかけ・決め手を教えてください。

社長の山木に創業メンバーとして誘ってもらえたからです。 当時マーケットの最前線で戦っていた山木から見て、自分が保持しているコンサルタントとしてのケイパビリティ―を 高く評価してもらえて、創業メンバーとして誘ってもらえた事がシンプルに嬉しかったです。ちょうど前職のフィールドでもやり尽くした感があり、当時の師匠からも”免許皆伝”と言って頂けたところだったので、 次の高みを目指してチャレンジするタイミングなのかなとも思いました。

会社の雰囲気、魅力について教えてください。

会社自体もメンバーも「若いが非常に高いポテンシャルを秘めている」という共通の雰囲気があると思います。 そして会社も経営陣含めたメンバーも未成熟な部分が大きいですが、秘めたポテンシャルを最大限に発揮できる環境を 自らの手で手触り感を持って作り上げていく事ができることが、現フェーズにおける会社の最大の魅力だと思います。 創業間もない会社ではあるので、体力的にも精神的にもタフな場面は多々ありますが、会社が将来の飛躍していくことを 目指してメンバーそれぞれが自ら考えて行動していくカルチャーが出来つつあると感じます。

この仕事をやっててよかったと思う事や思い出に残っているエピソードを教えてください。

個人的には特定の瞬間やエピソードということではなく、日々「楽しい」「この仕事が好き」と思ってますね。 基本的には複雑難解なものを、解きほぐして整理していくプロセス自体が昔から好きだったんだと思います。 割と職人気質な部分があるので、ひたすら整理や構造化のプロセスを修練して体系立てていく事に一人で没頭している ことが多々あるのですが、この職人気質な部分がプロフェッショナルとしてマーケットから評価して頂けているのは 本当にありがたいなと思っています。

仕事をするうえで大切にしていること教えてください。

「Commitment」と「Ownership」の2つです。 これは、色々な方から「コンサルタントに必要な能力って何ですか?」と聞かれる問に対する答えと一緒ですね。 あと、強いて一つ加えるならば、ディレクターとして常にコンサルタントのトップを走って、クライアントに圧倒的な 価値を提供し、若手に対して超えられない高い壁でありつづける存在になるという意思ですかね。

求職者に向けたメッセージをお願いします。

自分が提供できる価値(≒強み)が何なのかを自信を持って言葉に出来る方とお会いしたいと思っています。 年齢は関係なく、そういった方とのコラボレーションは本当に沢山の刺激や気づきをもらう事ができます。 まだ自分には、、、と自信の無い方も多いとは思いますが、先ずは”こうありたい”という思いを、おぼろげながらにでも持つところから始めて、ありたい姿を実現できるフィールドをしっかり見極めてもらいたいと思います。

Senior Manager

福川 朝陽

日系総合コンサルティングファームへ新卒で入社。大手携帯通信キャリアで製品開発支援や新規サービス立場を経験。 その後、米系総合コンサルティングファームにて、自動車系メーカーやスポーツメーカーの基幹システム刷新を経験後、日経コンサルティング会社・欧米系大手コンサルティング会社にてIT企業の新規事業立案やFintech関連ソリューション企画等を多数経験。 直近はファンド保有ITベンダーの日本拠点の立ち上げに参画後、Regrit Partnersに創業メンバーとして参画。

マネージャー

福川 朝陽

入社日

日系総合コンサルティングファームへ新卒で入社。大手携帯通信キャリアで製品開発支援や新規サービス立場を経験。 その後、米系総合コンサルティングファームにて、自動車系メーカーやスポーツメーカーの基幹システム刷新を経験後、日経コンサルティング会社・欧米系大手コンサルティング会社にてIT企業の新規事業立案やFintech関連ソリューション企画等を多数経験。 直近はファンド保有ITベンダーの日本拠点の立ち上げに参画後、Regrit Partnersに創業メンバーとして参画。

Regritに入ろうと思ったきっかけ・決め手を教えてください。

本当の意味での0→1 の組織を立ち上げが経験できる環境の中で、これまでの組織の中でチームや個のパフォーマンスの最大化というステージから、会社としてのパフォーマンス最大化というステージにチャレンジするには最適な環境と感じたためです。 また、コンサルタントを生業としている以上、個の能力を徹底的に高めていく事は当たり前のことですが、個人のチャレンジとしてこれまでと異なる経験や判断が求められる環境に身を置く事で、次の高みを目指せるのではとも感じたためです。

会社の雰囲気、魅力について教えてください。

スタートアップということもありますが、これまでかかわったどの企業よりも活力と成長意欲に溢れていますので、いちビジネスパーソンとして個の能力を圧倒的なスピードで伸ばしたい方には最高の環境ではないかと思っています。 当方も、常に全方位から刺激を受けていますので、成長スピードをこれまで以上に加速出来ています。

この仕事をやっててよかったと思う事や思い出に残っているエピソードを教えてください。

やはりクライアントからの感謝の言葉を頂けたとき、現場が本当に変わったタイミングを見れた時がこの仕事をやっていてよかったと、満足感を得れる瞬間です。 クライアントと共に” ありたい姿 ”の実現に向けて課題に向き合い、試行錯誤しながら解決策を推進できている日常は” ワクワク ”にあふれています。 また、創業メンバーという視点では、会社・仲間の大小様々な成長や成功を一緒に喜び合える環境があることです。

仕事をするうえで大切にしていること教えてください。

兎にも角にも ” 成果 ”に拘るということです。 もちろんプロセスも重要ではありますが、クライアントが求めているのは ” 成果 ” であり我々はその成果を創出するために考え抜き、また、行動する必要があると考えています。 その為には、徹底的な当事者意識 × 何がなんでもやり遂げる、という強い想いが重要だと感じています。

求職者に向けたメッセージをお願いします。

個の能力を圧倒的なスピードで伸ばしたい方には最高の環境の一つだと考えています。 コンサルタントとしての高度なスキル獲得や高難易度のプロジェクト経験を積めるのはもちろんですが、切磋琢磨しあえる最高の仲間に出会える環境ですので、存分にこの環境を活かしてください。

Senior Manager

袴田 智博

日系システムインテグレータ、日系総合コンサルティングファームを経て、Regrit Partnersに参画。 流通、製造、金融など複数の業界において、基幹システムの再構築案件中心に従事。グランドデザインおよび要件定義、設計、開発や保守までのシステム構築、全社PMOとしてのマネジメント、顧客中計策定支援など幅広く経験。

シニアマネージャー

袴田 智博

入社日

日系システムインテグレータ、日系総合コンサルティングファームを経て、Regrit Partnersに参画。 流通、製造、金融など複数の業界において、基幹システムの再構築案件中心に従事。グランドデザインおよび要件定義、設計、開発や保守までのシステム構築、全社PMOとしてのマネジメント、顧客中計策定支援など幅広く経験。

Regritに入ろうと思ったきっかけ・決め手を教えてください。

まず、Regritの掲げる「友達の子供が安心して入社できる会社を作りたい」というビジョンに共感したことです。また、自分自身のキャリア面では、すでに一定規模に到達したコンサルティングファームでパートナーなどの上位職を目指すより、スタートアップのファームを成長させることの方がチャレンジングでワクワクしましたし、それは同時に、自分自身の成長と実績になると考えました。また、創業メンバー陣の優秀さと、若手の勢いや可能性に惹かれた部分も大きかったです。

会社の雰囲気、魅力について教えてください。

コンサルティング事業に関しては、国内外の大手企業からプライムで案件を受注しており、かつ高品質でデリバリーできているため、非常に堅実に成長している部分もある一方、スタートアップらしいスピード感や柔軟さ、カオスも同居しており、非常に面白い状態にあると思います。 特に、失敗を恐れずにチャレンジすることを称賛し、むしろ打席に立たないことを糾弾される文化は珍しく、その雰囲気を牽引するポテンシャルの高い若手が集まっていることは非常に魅力的です。

この仕事をやっててよかったと思う事や思い出に残っているエピソードを教えてください。

自分やチームで考えたビジョンやプランが狙い通り具現化される瞬間、あるいはそれ以上の嬉しいサプライズが訪れる瞬間は、何にも代えがたい喜びです。お客様から感謝の言葉を頂けることはもちろんですが、「社内のメンバーも含めても、自分が一番頼りにしていたのはあなただったよ」と直接言って頂けたことは、自分自身のキャリアを考える上でも大きなポイントとなっています。 現在のRegritはアーリーステージで、日々色々な問題・課題に直面しますが、メンバーが一丸となって自律的に解決していく姿勢やスピードは非常に刺激的ですね。

仕事をするうえで大切にしていること教えてください。

とにかくスピードを重視することと、一方で徹底的に考え抜くこと、そのバランスをいかに取るか?は常に考えています。私たちはプロフェッショナルとして常に成果を求められますので、要求に対してスピード感をもって応えていく姿勢が何より重要だと思っています。しかし表層的な答えや本質的でないアウトプットは、すぐに底の浅さを見抜かれてしまいますので、誰よりも「脳みそに汗をかく」ことも重要。当然非常に難しいことではありますが、このプレッシャーこそが自分たちの成長の起爆剤になっています。

求職者に向けたメッセージをお願いします。

個の能力を徹底的に伸ばしながら、強いチームで、お客様と共にGritしていく環境がRegritにはあります。すでに環境が整ったファームに比べても、決して楽な環境ではありません。肉体的にもタフな局面も訪れます。そんな環境でチャレンジしていきたい、というパッションを持った人たちと、切磋琢磨していきたいと思っています。 マネージャー以上の人間も、まだまだ成長途上にあると私たちは考えています。皆さんと共にチャレンジしていく日々を楽しみにしています。

Manager

泉澤 果央

大学および大学院で情報工学を専攻。新卒で日系大手メーカーのIT系専門機能会社に勤務したのち、外資系のソフトウェア会社、損害保険会社、コンサルティングファーム等を経て、Regrit Partnersに参画。マルチナショナルな環境での勤務や海外チームとの協業などを多く経験しながら、各種システム導入やBPR関連のプロジェクトを推進。現在は、AI等の新規テクノロジーを用いた事業戦略立案のプロジェクトに従事。

シニアコンサルタント

泉澤 果央

入社日

大学および大学院で情報工学を専攻。新卒で日系大手メーカーのIT専門機能会社に勤務したのち、外資系ソフトウェア会社、外資系損害保険会社、外資系コンサルティングファーム等を経て、Regrit Partnersに参画。マルチナショナルな環境での勤務や海外チームとの協業などを多く経験しながら、各種システム導入やBPR関連のプロジェクトを推進。現在は、AI等の新規テクノロジーを用いた事業戦略立案のプロジェクトに従事。

Regritに入ろうと思ったきっかけ・決め手を教えてください。

新卒の頃から大手企業でしか勤務したことがなかったので、ベンチャーやスタートアップ企業でも経験も積んでみたいと思ったことが一番大きなきっかけとなります。他は下記の点が挙げられます。 1. 一緒に働くメンバーに魅力を感じたこと:プロジェクトの成功要因のひとつは、チームワークにあると考えます。代表の山木とは以前同じプロジェクトで一緒に仕事をしたことがあり、他の創業メンバーにおいても以前より親交があったため、信頼がありました。 2. 面白そうなプロジェクトが沢山あること:これまではITに傾倒したプロジェクトの経験が多かったのですが、経営とITの双方に携われるプロジェクトが経験できる点に魅了されました。

会社の雰囲気、魅力について教えてください。

若いメンバーが多いので活気があること、メンバー同士の仲が良く切磋琢磨し合える環境があること、そして何よりメンバー全員が仕事やRegritという会社を楽しんでいることだと思います。大手企業に在籍していた際は、仕事嫌いな方や向上心がなさそうな方など、少なからずネガティブな印象を持つ方と一緒に仕事をする機会もありましたが、Regritのメンバーはポジティブで、意欲的に仕事に取り組んでいます。デリバリーだけでも十分多忙なはずですが、Regritをより良い会社にするために、一致団結して社内の様々な新しい取り組みにも日々チャレンジしています。

この仕事をやっててよかったと思う事や思い出に残っているエピソードを教えてください。

素敵な仲間に巡り合えて、日々沢山助けてもらっていることです。また、皆がいつも意欲的に楽しそうに仕事をしているのをみて、今更ですが「仕事って楽しんでするものなんだ。」って思いました。プロジェクトの繁忙期など体力的にも精神的にもきついと感じることは勿論ありますが、ひとりで悩んだり悲しんだりする必要がないことは心強く、また周りの雰囲気や働く環境が自身のモチベーションを左右することも改めて感じました。

仕事をするうえで大切にしていること教えてください。

プロジェクトを成功に導くためにManagerとしてチームを牽引することも重要ですが、個々の性格や能力を見極めながら、なるべくチームメンバーが安心して気持ちよく働けるように気を配っています。例えば、弊社は成長意欲や向上心が強いメンバーが多いため、各メンバーがパフォーマンスを発揮しやすいよう裁量権をある程度与えマイクロマネジメントになり過ぎないことが挙げられます。 また、より良い意見やアイデアが沢山でてくるよう発言しやすい雰囲気作り、意見を聞く際はその結論に至った理由や背景を理解するように努めることで、意見の対立を防ぎチームとして最良の選択していくことが挙げられます。

求職者に向けたメッセージをお願いします。

コンサルタントやスタートアップ企業の業務は、会社の経営に関わる難易度の高い業務に携わる機会が多いことから、達成感ややりがい、自身の成長を感じられる場面は多々あります。その反面、決して楽な仕事ではありません。努力なくして成長が得られないように、コンサルタントとして成長する、またRegritのようなスタートアップ企業が事業を拡大していくためには、メンバーひとりひとりの努力とチームワークが重要となります。 弊社には、お互いに切磋琢磨しあえるメンバーと環境があります。Regritという強いチームでプレーしてみたい努力家な皆様のご応募を、是非お待ちしております。

Senior Consultant

安田 一真

大学卒業後、独立系システムインテグレーターに入社。 インフラエンジニアとしてエンタープライズ向けバーチャルデータセンターの開発に従事。その後、大手商社の海外向け経費精算システムの運用保守、大手通信キャリにおけるアライアンス事業の各種オペレーションのBPO推進、アプリケーション開発のPMOなどを経験しRegrit Partnersに参画。

シニア・マネージャー

安田 一真

入社日

大学卒業後、独立系システムインテグレーターに入社。 インフラエンジニアとしてエンタープライズ向けバーチャルデータセンターの開発に従事。その後、大手商社の海外向け経費精算システムの運用保守、大手通信キャリにおけるアライアンス事業の各種オペレーションのBPO推進、アプリケーション開発のPMOなどを経験しRegrit Partnersに参画。

Regritに入ろうと思ったきっかけ・決め手を教えてください。

創業メンバーを始めコンサルタントとして優秀だと思えるメンバーが多いことや、前職にて優秀であった同僚がRegritに転職していたりと、成長環境が明らかにあるなと感じた部分が大きいですね。 また、プロジェクトはより上流工程でプライムとして圧倒的な裁量をもってクライアントに従事できますし、プロジェクト以外にも組織の成長フェーズに関与でき、組織とともに成長できると思った部分も大きかったです。

会社の雰囲気、魅力について教えてください。

成長意欲が高く、プロジェクトに対して真摯に取り組んでいて、かつ組織成長に向けての取り組みも積極的に行っている良い組織です。プロフェッショナルかつEQの高い人同士で相互に高めあっていることが、常に刺激になっています。

この仕事をやっててよかったと思う事や思い出に残っているエピソードを教えてください。

PJ参画直後はとても苦戦していてクライアントに対してもうまく価値を発揮できていませんでしたが、粘り強くコツコツとコミットを重ねた結果、既存テーマとは別のテーマに対する支援依頼をクライアント役員からバイネームで頂き、結果プロジェクト化できたことは印象深く覚えています。導入したソリューションの活用現場を直に見ることができ、業務がとてもやりやすくなったと感謝の声を頂けたことは純粋に嬉しかったです。

仕事をするうえで大切にしていること教えてください。

コンサルタントという職業柄どうしても緊張感が高く真摯な方が多いのですが、そういった状況でもポジティブさやオープンマインドのコミュニケーション、時にはちょっとしたユーモアを挟むことを心がけています。 ただし結果には徹底的に拘り、些細なタスクでも付加価値をつけることを大切にしています。

求職者に向けたメッセージをお願いします。

コンサルティングを通じてクライアントと真のパートナーシップを築きつつ自身のビジネススキルも貪欲に高めたい方や、コンサルティングに加えて組織開発に携わりたい、将来事業を立ち上げたいなどの思いがある方にとってRegritほど良いステージはないと思います。

Senior Consultant

黒川 将吾

外資系システムインテグレーターにて、大手旅行業・官公庁等のクライアント対する全国的端末展開/更改を主としたプロジェクトを経験したのち、Regrit Partnersへ参画。大手製造業や保険業のクライアントにて、業務改革・事業戦略策定支援等を担当。企画構想・計画段階でのクライアントリードから、現場調査におけるヒアリングまで、一連の作業断面全般を推進。直近では先端技術領域のリードを担う。

シニアコンサルタント

黒川 将吾

入社日

外資系システムインテグレーターにて、大手旅行業・官公庁等のクライアント対する全国的端末展開/更改を主としたプロジェクトを経験したのち、Regrit Partnersへ参画。大手製造業や保険業のクライアントにて、業務改革・事業戦略策定支援等を担当。企画構想・計画段階でのクライアントリードから、現場調査におけるヒアリングまで、一連の作業断面全般を推進。直近では先端技術領域のリードを担う。

Regritに入ろうと思ったきっかけ・決め手を教えてください。

前職時代に仕事のスタイルや企業規模による閉塞感に対し満足感を得られず悩んでいたタイミングに、Regritに在籍していた友人を通じてRegirtを知り、カルチャーやスキルレベルに関して自分の理想に近いものを感じました。入社前に既存社員と会話していく中で、一貫して発言の整合性がとれており意思疎通が楽に感じたり、アーリーステージ段階で参画することで会社の拡大に踏み込んで関与出来るチャンスであり、早い段階で成長を実感できると思いました。

会社の雰囲気、魅力について教えてください。

上司がコンサルタントとして圧倒的に優秀で、分かりやすい指標となります。組織としては、前向きで成長意欲があり、全体的にポジティブなオーラがある一方、間違いをきちんと指摘しあえたり、アフターフォローも自然と行える空気があります。加えて、周りが常に成長意欲に駆られ苛烈に働いているため、日常的に刺激となり自分自身も自然と努力をするようになっています。

この仕事をやっててよかったと思う事や思い出に残っているエピソードを教えてください。

当初は、年齢差もありコンサルタントとして価値を出すことに苦慮しましたが、段々と自分の役割を発揮できるようになり貢献している感覚を得られてきています。クライアントは大企業の経営層・幹部社員が多く、ビジネスマンとしての視座があがっている感覚があります。例えばクライアントの社長報告の際に、自分の一言に納得してくださり意思決定の助けになれた事や、先輩からのフィードバックが段々と短くなり指摘が減ってきたことなどから分かりやすく成長を感じられています。

仕事をするうえで大切にしていること教えてください。

基本事項ですが、一つ一つの仕事のゴールを明確にした上で取り組むことを大切にしています。私たちのゴールである"対価を得る"事に対し、プロとして価値を出すことに集中し、客観的に価値を出せたかを、常に推しはかれるように意識しています。そして、その意識は下位者にとっても模範となることを意識しています。例えば、誰と接する際も、感情をないがしろにしないようにしつつも、感情に捉われて目的の達成を妨げないように振舞えているか、注意しています。

求職者に向けたメッセージをお願いします。

会社の規模や認知度ではなく、納得感のある実力を身につけたい方にはいい会社だと思います。自分ひとりでの努力には限界がありますが、Regritには自分ではどうにもできない"環境提供"の部分を重んじている会社であるため、自己努力との相乗効果を期待できます。 また、世の中に「起業」の選択肢がある一方、組織にいる人がみなオーナーシップをもち、個人での起業を上回る成長ややりがい、お互いを尊敬し合える環境を築いていけるとしたら、スタートアップへの参画・仲間との成功を目指すということも、キャリアにおける一つの答えになり得ると思います。最後は、直感で"楽しそう!転職したい!"と感じた時に、実際にリスクを取れる方にこそ参画していただきたいと思っています。

contact

Regrit Partnersにご興味をお持ちいただきありがとうございます。
サービス、採用、取材等に関するお問い合わせは下記からご連絡ください。

more