Motive for joining

コンサルティング領域と事業創造領域の双方を経験できると考え、入社を決意しました。
リグリットはコンサルティングファームでありながらベンチャー企業でもあるため、コンサルタントとしてプロジェクトに参画し、クライアントに対して価値提供を行っていくと同時に社内の制度設計や新規事業開発等、会社を実際に創っていく活動も経験できます。
将来的に会社経営に携わりたいと私としては双方を経験できるのは非常に魅力的だと考えています。

コンサル未経験で入社し、苦労したことや、逆に前職の強みが活かせていると感じていることを教えてください

苦労した点が多々あり、すべて列挙したいところですが一番はコミュニケーション能力だけでは解決できない点です。
前職は日系メーカーにてthe現場の足で稼ぐ営業をしておりました。その場面においてはロジカルにものを伝えることも重要ではありますが、どちらかというとお客様の懐に入る力が重視されており、ロジカルさが通用しない場面がありました。
そんな前職のような環境とは打って変わって、コンサルティング業界における私たちのアウトプットはドキュメントがメインです。この紙一枚ですべてを表す必要があり、その一枚ですべてを評価されるので事象の構造化・いかにお客様に理解頂くか、そこに一番苦労しました。
一方、前職の強みを生かした点に関しては、従前の話をひっくり返すようですが、そのような成果物を求められる中でも実際仕事をするには人間対人間であるということに関連しています。故にお客様がいかにプロジェクト進めやすくするか・いかに自分と仕事するにあたって働きやすいと思っていただくかという観点で物事を考えることができるのは前職の営業経験があったからこそだと思っています。

リグリットで仕事する中で、一番のやりがいを感じた瞬間を教えてください

クライアントのカウンタパートから「心の拠り所」としてお褒めのお言葉を頂いた時です。 私が現在参画しているプロジェクトはそのクライアント社内でも指折りのプロジェクトでそれを進めるにあたって、乗り越えるべき壁が幾つも有りました。そんな中で私含め、リグリットの参画メンバーで客観的な示唆を指摘しつつも、伴走者として時には主観的に積極的にカウンタパートとプロジェクトを進めていきました。結果まだプロジェクト途中でありながらも、自分自身初めてのプロジェクトでそのようなお言葉頂けたのは大変印象深く残っております。
このプロジェクトは現在推進中でもあるのでお客様との信頼関係をより深化できるようプロジェクト完了まで進めていきたいと思います。

今後、リグリットを活用してどのようなキャリアを描いていきたいですか

前述の通り、ここで得られた知見を活かして会社経営に携わりたいと考えています。 コンサルタントとして得られる課題解決能力・会社を創る活動で得られるそれを実際に運用していく能力、どちらにも優劣は無く会社経営においては必要なものだと認識しております。今後のリグリットにおけるキャリアでどちらもコミットし、ハイブリッドな経営人材としての自分価値向上に努めていきたいと考えております。
そのためにはまずリグリットにて、大きな成長曲線を描くことができるように、社内のリソースを使い目先を事象から取り組んでいきたいと思います。

Contact

当社のサービスや採用に関するお問い合わせはこちらから

Contact form