Motive for joining

参画後の自身が担う領域(ProSharing事業)、役割にやりがいを感じ、参画を決めました。リグリットは前職時代に私が対応していた会社の1社で、その時からProSharing事業はありました。当時、この事業はインターンシップである大学生がメインで推進していましたが、創業当初で周囲の社員も手が回らず、彼らは先輩から指導を受けられないまま個人事業主の方々やコンサルティングファームのパートナークラスの方の要望に応えていました。私も担当として彼らと接していましたが、社会人経験の無い彼らが対応することはとても荷が重く、さらに彼らも自信が無さそうに見えました。
私は当時から個人事業主の方々の仕事の選択や、コンサルティングファームのプロジェクトの成功を心より支援したいと願っていましたが、当時のリグリットの社内体制では顧客に対して価値を提供することは困難と感じていました。そんな中、代表の山木さんと話す機会を頂き、会社の掲げるMission・Vision・Valueを知り、リグリットの一員として私が大切にしている顧客への支援とProSharing事業を会社の基幹事業にしたいと強く感じ参画を決意致しました。

Prosharing事業を取り巻く現状、事業の魅力を教えてください

COVID-19の影響を受け、一般消費者である我々の生活や消費活動まで大きく変化しました。企業もtoB・toCビジネスにおいて、従来のビジネスや従業員の働き方の変化を余儀なくされており、企業の事業競争力強化のためのDX推進は不可欠となっています。

一方、一つの会社で働くという風潮も変化しており、従業員は正規雇用の選択ではなくフリーランスとしてプロジェクト単位で契約を結び、就業を重ねていく流れとなっています。特にコンサルティングファームで正規雇用として働くDX人財は、自身のスキルで企業に対し価値提供しながら、数年コンサルティングファームでベーススキルを培い、その後個人事業主として独立していく動きは加速しています。そこでネックとなるのが従来、企業は人材エージェントに声をかければ求職者が見つかるという前提です。求職者も人材エージェント会社のプラットフォームに登録していれば自身で営業活動をせずに転職先が見つかるのが主流でしたが、企業としては個人事業主となった人材、個人事業主としては自身の価値が発揮できるプロジェクト先を探すのは自身の限りあるネットワーク以外では困難であるのが実情です。未だ、このような現状を解決するためのエージェント機能をもった会社で大手会社はありません。リグリットは今後の社会の変化に伴い、プロジェクトの推進を担う企業・個人事業主の方々がスムーズにマッチングできるよう支援し、信頼をされ続ける事業でありたいと考えています。

Pro-Sharing事業の魅力はビジネスモデルです。エージェント機能としてただマッチングを行い、手数料を頂くというビジネスモデルではなく、我々が介在価値としてあるのは、実際に個人事業主の方々がプロジェクトに参画頂いてからです。どんな企業の面談者も個人事業主の方も、1度の面談ですべての情報を開示し、掌握するのは不可能に近いです。そのため、実際に参画いただいてからの双方の認識のズレを、リグリットが介在することでプロジェクトの成功に近づいて頂くようご支援をさせていただきます。参画前の本質的なマッチング及び参画後の適切な就業支援がこの事業に携わる事の魅力と感じています。

リグリットがProsharing事業に取り組む意義は何ですか

「Team Regrit」を組成できることです。 当社と個人事業主の方々がPro-Sharing事業で繋がりを持ち続けることで、当社のクライアントによるご要望のうち、当社のプロパー社員のケイパビリティではお応えできないものに対し、個人の方にPJTに携わっていただき「Team Regrit」としてクライアントの要望に応えることが可能となります。

事業責任者として、事業の今後の展望を教えてください

ProSharing事業としての今後の展望としては、個人事業主の方の重要な部分である➀人脈②スキルアップが出来る機会③情報を提供し続けられる事業でありたいと考えています。
➀は個人事業主の方々を弊社PJTに参画いただくことでお繋ぎしたいと思っています。または、当社プロパーもゆくゆくはCXO人材として独立しProSharing事業を通じてネットワークを構築してもらえたらと考えています。
②は適切なタイミングでその方のコンディションに合わせPJTをご提供し続けることです。
③は独立する事・法人を設立していく事はとても不安があるかと存じます。リグリットはこの不安を解消するために財務関連の情報や法人化をするにつれて何をすべきかの情報を提供できる存在として在りたいと考えています。

Contact

当社のサービスや採用に関するお問い合わせはこちらから

Contact form