Telecommunications
industry

大手通信会社

Challenge課題

建設業界参入に伴う新規IoTプロダクト構築、事業性評価 /中期事業計画策定支援
中期事業計画で商用化を予定した複数プロダクトの事業性評価、マネタイズプラン精緻化、検討の軌道修正を支援。また、開発チームの課題整理/原因分析/打ち手の検討、施策実行の進捗管理の実務サポート/マーケティング調査、市況を勘案したプロダクト展開戦略立案と導入サポート、プロダクトのデジタルツイン化による発展性検討、M&Aを含めた事業戦略提案、検討中プロダクトとの親和性が高い新規ビジネスアイディア提案、プロダクトマーケットフィットを加速させるテストマーケティングを推進。

Solution課題解決

クライアント企業は中期事業計画で複数プロダクトのローンチと収益化を掲げ、数年に渡る提携企業との実証実験を通じてプロダクトの提供価値を高める検討は進んでいたが、商用化に向けた事業性検討の不足が課題であった。また、プロジェクトの進捗や課題管理体制の構築が間に合っておらず、検討リソースを複数のプロダクト間で効率的に配分しながら、確実にプロダクトを上市していく道筋が描けていなかった。
リグリットは、各プロダクトの事業性評価、マネタイズプラン精緻化、マーケティング調査による提供価値や価格の客観性担保といった商用化検討を支援。特に、プロダクトの事業性評価では、ビジネスモデルキャンバスを基にした独自フレームワークを用い、検討が漏れていた項目や新たに議論が必要な論点を抽出し、商用化に向けた実現性向上に寄与。また、市場調査を通じたプロダクトの優位性や適性価格に関する示唆出し、より精緻なマネタイズプラン作成を支援した。
加えて、収益化を見据え、市況を勘案したプロダクト展開戦略立案と決裁者への上申、M&Aを含めた事業戦略提案、新規ビジネスアイディア提案を実施。 以上の取り組みをリグリットが主導し、お客様からは施策の提案力と実行力を高く評価いただいた。
また、個別プロダクトの支援だけでなく、全体の進捗や施策を管理するPMOとしての役割も果たした。

Areas of Expertise
専門分野
  • 各プロダクト評価による 商用化に向けた実現性向上
  • 市況を勘案したプロダクト展開戦略立案と 導入による早期収益化
  • 新規ビジネスアイディアの検討・提案

Contact

当社のサービスや採用に関するお問い合わせはこちらから

Contact form